ズバステーション★日本ハム球団専

このブログは北海道日本ハムファイターズ球団の情報をまとめたブログです


    斎藤 (さいとう ゆうき、1988年6月6日 - )は、群馬県太田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズに所属。 群馬県太田市出身。漫画『MAJOR』を愛読し、太田市立生品小学校在籍中は地元学童野球チーム「生品チャンピオンズ」に一年時から在籍し主将を務める。太田市立
    57キロバイト (7,665 語) - 2019年3月17日 (日) 08:06



    (出典 ironna.jp)


    小中高大学全てに関わる問題

    1 pathos ★ :2019/03/15(金) 18:28:26.73

    「そもそも僕は(球数制限のないアマチュア時代の)被害者ではないです。すごくいい経験をしたと思っています。肩を壊すとなったら、さすがにボールもいかない。右肩を壊した時は、高校を卒業してから6、7年ぐらいがたってますし、そこの弊害が出たと思っていない。(右肩を壊したのは)自分では違うところに原因があったと思っています。プロに入ってからの問題です」

     昨夏の甲子園で金足農の吉田輝星が一大会史上2位の881球を投げたことで注目された「球数問題」。新潟県高野連が春季県大会から球数制限の導入を目指している。30歳右腕は「新潟県(高野連)の取り組みについて僕がいい、悪いは言えない」とした上で、こう続けた。

    「100年高校野球をやっているのは凄いことだと思うんです。100年の歴史がある中で、この問題が急に出てきて……。当事者たちがどういう気持ちでいるのかをしっかり把握した上で……。それが優先されるべきだと思うんです」

     未来のプロ野球界を支える高校球児の故障が減るのは歓迎されるべきこと。ただ、故障のリスクが減るとはいえ、“頭ごなし”の球数制限は高校球児が目標とする甲子園出場、全国制覇を阻む可能性がある。そして高校野球には100年の歴史がある。もっと積極的な議論を――。甲子園で最も多くの球を投げた斎藤佑は、その議論が選手ファーストで進むことを望んでいる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00319407-fullcount-base


    【【疑問】斎藤佑樹 球数制限問題について語る!】の続きを読む


    【日本ハム】大田泰示、5割2分&5号“2冠王”も「満足はしていない」 - スポーツ報知
    オープン戦絶好調の大田泰示が4回に5号ソロ。 2ボールからボルシンガーがストライクを取りにきた直球を軽々と左翼席中段へ運び「甘い球をしっかり捉えることができまし ...
    (出典:スポーツ報知)


    大田 (おおた たいし、1990年6月9日 - )は、広島県福山市出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。 広島県立三次高等学校で投手だった父の影響を受け、福山市立川口小学校1年の時にソフトボールを始める。5年からは軟式野球クラブ鞆古城クラブでプレー。
    28キロバイト (3,064 語) - 2019年3月6日 (水) 15:42



    (出典 4.bp.blogspot.com)


    順調に仕上がってる!!

    1 pathos ★ :2019/03/16(土) 16:05:27.15

    ◆オープン戦 ロッテ―日本ハム(16日・ZOZO)

     日本ハムの大田泰示外野手(28)が、1点リードの4回にオープン戦5発目となるソロ本塁打を放った。

     前日までオープン戦8試合でいずれも12球団トップの22打数12安打・打率5割4分5厘、4本塁打をマークしていた大砲。6番・右翼で出場したこの日は、第1打席は二ゴロに終わったが、4回の第2打席でロッテ・ボルシンガーの直球を完璧に捉え、左翼席中段に運んだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000119-sph-base


    【【驚愕】大田泰示 オープン戦トップの5号ソロ!】の続きを読む


    吉田 (よしだ こうせい、2001年1月12日 - )は、秋田県秋田市(文献によっては潟上市)出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。 潟上市立天王小学校3年から天王ヴィクトリーズで野球を始める。潟上市立天王中学校では軟式野球部に所属。秋田県立金足農業高等学校に進
    6キロバイト (599 語) - 2019年3月3日 (日) 00:43



    (出典 i.ytimg.com)


    めっちゃいいやつ!!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/13(水) 16:56:17.80

    ゴールデンルーキーが、対外試合初登板で魅せた。日本ハムの吉田輝星投手(18=金足農)が12日、
    教育リーグ・楽天戦(鎌ケ谷)の7回に4番手で登板し、1回を1安打1三振1四球、無失点に抑える好投を見せた。
    二軍戦ながら堂々のデビュー。初陣前夜には先輩ナインらを驚かせる「ある出来事」があった。その内容とは――。

    全20球中、直球は18球。最速は146キロに達し、一死一、二塁では143キロで代打・橋本のバットをへし折り、二ゴロ併殺打に仕留めた。
    試合前に宣言した「(9日にデビューした)柿木は2つ三振を取っていたので、自分は3つ三振を取ります」との“予告3奪三振”こそ有言実行とはならなかったが
    1安打、1四球、1併殺で無失点は上々の内容。「緊張感は特になく、試合に入れたので良かった。
    プロの試合ってこんな感じなのかというのが分かったので、すごく楽しかった」と満足そうに振り返った。

    バッテリーを組んだ郡拓也捕手(20)は「マウンド上でかなり落ち着いていましたね。まだまだ全力で投げていないと思いますし、ここからさらに良くなってくると思います」と声を弾ませた。
    荒木二軍監督も「ルーキーらしさが見られた。あれだけファウルで粘られれば(プロは)簡単にはいかないんだなというのが感じられたはず」と及第点を与えた。

    持ち味の直球はもちろん、先頭打者を出しても落ち着いたマウンドさばきなどから、この日の登板でチーム内の評価をまた一つ上げた。
    グラウンド内だけではない。登板前夜には先輩選手から改めて見直される出来事が起こっていたという。

    舞台となったのは、千葉・鎌ケ谷市内の選手寮から程近いところにある焼き肉店。
    この日の試合でリードした郡に連れられ、1学年上の先輩投手・田中瑛と3人で食事に出かけた際のことだ。

    郡が当日昼ごろ、吉田輝に夜の予定を尋ねたところ「予定はありますよー」と、つれない返事。
    郡が「そうか…。何の予定があるの?」と再び問うと「郡さんとごはんに行く予定です」。夜の予定を聞かれた段階で「食事の誘いだ!」と瞬時に察知し、
    すかさずウイットに富んだ返答をした後輩には、郡も思わず「おお、そうか。じゃあ行こうか」と笑みがこぼれたという。

    そして焼き肉店では…上タン、カルビ、上ハラミを中心に3人で舌鼓を打ったのだが、支払いは最年長者(この3人の場合は郡)というのが球界のしきたり。
    それに気を使ったのか、ある程度食べたところで、まず吉田輝が「おなか一杯です~」と満腹をアピールしてきたという。

    郡の今季推定年俸は490万円。支出は少ない方が助かる。その後の吉田輝は「やっぱり腹減ってきました…」と切り出してドキッとさせつつも
    「締めのチョレギサラダ頼んでいいっすか?」と4人前分ほどが大皿に入ったサラダを注文。流し込むように“どか食い”した。
    自分の体のことを気にしただけかもしれないが、肉より安価なサラダを追加注文したところに、先輩の懐事情を気にかけた吉田輝の細かな気配りがうかがえる。

    もちろん会計後は元気に「ごちそうさまでした!」。一夜明けたこの日も「昨日はごちそうさまでした!」とあいさつした。
    社会人なら当たり前のことだが、これには郡も「そこは、やっぱりしっかりしていますよね」と頬を緩めた。

    機転が利き、周囲への気遣いもできる。そんなクレバーさはマウンドでも表れるというものだ。
    次回登板は19日のイースタン・リーグのヤクルト戦(鎌ケ谷)で、2イニングを予定している。今後の成長がますます楽しみだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000053-tospoweb-base
    3/13(水) 16:40配信


    【【驚愕】吉田輝星 気遣いが人気の秘密!?】の続きを読む


    吉田 (よしだ こうせい、2001年1月12日 - )は、秋田県秋田市(文献によっては潟上市)出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。 潟上市立天王小学校3年から天王ヴィクトリーズで野球を始める。潟上市立天王中学校では軟式野球部に所属。秋田県立金足農業高等学校に進
    6キロバイト (599 語) - 2019年3月3日 (日) 00:43



    (出典 number.ismcdn.jp)


    下柳投手も絶賛

    1 風吹けば名無し :2019/03/13(水) 10:43:00.42

     金足農でバッテリーを組んだ捕手の菊地亮は「(1、2年の頃は)エラーをすれば吉田に怒られるので、みんな怖がっていた」という。
    変わったきっかけは2年夏の秋田大会決勝の明桜戦の敗戦。5回2/3を5失点で敗れ「自分のせいで負けた」と痛感。そこから「エラーはそこに打たせた自分が悪い」と周囲のことを考えられるようになった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000062-spnannex-base


    【【朗報】吉田輝星 メンタル面でも進化!?】の続きを読む


    吉田 (よしだ こうせい、2001年1月12日 - )は、秋田県秋田市(文献によっては潟上市)出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。 潟上市立天王小学校3年から天王ヴィクトリーズで野球を始める。潟上市立天王中学校では軟式野球部に所属。秋田県立金足農業高等学校に進
    6キロバイト (599 語) - 2019年3月3日 (日) 00:43



    (出典 proyakyu-kenkyujo.com)


    直球で三振はキツイ・・

    1 風吹けば名無し :2019/03/12(火) 07:45:27.43

     日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=が10日、対外試合デビューとなる予定のイースタン春季教育リーグ・楽天戦(12日、鎌ケ谷)で“柿木越え”を誓った。

     9日の同・楽天戦で1回無安打無失点2奪三振でデビューを飾ったドラフト5位・柿木蓮投手(18)=大阪桐蔭=に刺激を受けた。登板予定は中継ぎで1回限定の予定だが「(柿木に)2個三振取られたので、三振3つ取るしかないかなって」と1回3三振をぶち上げた。

     9日は3回まで試合を見学。8回の柿木の登板は入浴中で見られなかった。「周りから『2つ三振取ったって(聞いた)。さすがだなって。自分の投球をすればそれなりに通用するっていう感覚は感じられました」。
    後から動画で見直したライバルの姿に、勇気をもらった。

     10日は鎌ケ谷でブルペン入り。直球とスライダーに加え、右肘付近の張りから復帰後初めて、カーブとツーシームを解禁した。加藤武治2軍投手コーチ(40)は「駆け引きはいらない」と直球勝負を指示。
    吉田輝も「明後日の試合で変化球を投げるつもりもない。直球を狙われたらボール球になってもいいので、1球挟んで直球で勝負する感じで」。真っ向勝負を挑む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000274-sph-base


    【【驚愕】吉田輝星 柿木蓮に刺激受け・・】の続きを読む

    このページのトップヘ