ズバステーション★日本ハム球団専

このブログは北海道日本ハムファイターズ球団の情報をまとめたブログです

    2019年06月


    杉谷 拳士(すぎや けんし、1991年2月4日 - )は、東京都練馬区出身のプロ野球選手 (外野手、内野手)。右投両打。北海道日本ハムファイターズ所属。父は元プロボクサーの杉谷満。血液型B型。 練馬区立大泉第三小学校時代はツバメ野球部でプレーし、練馬区立大泉西中学校時代は東練馬シニアでプレーしていた。
    21キロバイト (2,289 語) - 2019年6月24日 (月) 21:02



    (出典 pbs.twimg.com)


    ショートやらせたらいい..

    1 風吹けば名無し (初段) :2019/06/29(土) 10:04:43.94

    杉谷(28)(両打 一二三外 打率.258 3本 ops.793 失策0)
    渡邉(24)(打率.250 5本 ops.722 失策7)に勝てない模様 VIPQ2_EXTDAT: che*ed:che*ed:1000:512:----: EXT was configured


    【【うーん】杉谷拳士 レギュラーを取るには!?】の続きを読む


    日本ハム吉川光夫56、宇佐見真吾30 背番号発表 - 日刊スポーツ
    日本ハムは28日、巨人からトレードで移籍した2選手の背番号を発表した。3年ぶりの復帰となる吉川光夫投手(31)は「56」、宇佐見真吾捕手(26)は「30」に決…
    (出典:日刊スポーツ)


    吉川 光夫(よしかわ みつお、1988年4月6日 - )は、福岡県福岡市東区出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。北海道日本ハムファイターズ所属。 1988年に福岡県で生まれる。東区の香椎第三中学校時代に所属していたボーイズリーグで全国大会3位まで勝ち進む。県内の高校からの誘いもあったが、熟考の末
    27キロバイト (3,477 語) - 2019年6月29日 (土) 07:40



    (出典 www.zaikaisapporo.co.jp)


    光夫はオープナー向き!?

    1 風吹けば名無し :2019/06/26(水) 19:48:30.98

    150弱出る割にポンポン打たれるストレート
    破綻はしてないけどノーコン気味のコントロール
    3.4回は投げられるけどQSはできない中途半端なスタミナ
    ピンチにものすごく弱いゴミメンタル
    五球投げたら汗ダラダラ

    役に立たなかったとは言わんがイライラさせられることのほうがはるかに多かったな
    ちなみに今年はファームでも先発してないから先発で期待してるやつは結果でなくても文句言うなよ


    【【解説】吉川光夫の取説..】の続きを読む


    日本ハムファイターズ吉田輝星が初先発初勝利 斎藤佑樹と比較され懸念も - ニフティニュース
    日本ハムファイターズのドラフト1位吉田輝星がプロ初先発し、初勝利をあげた “侍ポーズ”で人気を博した吉田は、“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹と比較される 自らを“持ってる” ...
    (出典:ニフティニュース)


    吉田 輝星(よしだ こうせい、2001年1月12日 - )は、秋田県秋田市(文献によっては潟上市)出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。 潟上市立天王小学校3年から天王ヴィクトリーズで野球を始める。潟上市立天王中学校では軟式野球部に所属。秋田県立金足農業高等学校に進
    11キロバイト (1,263 語) - 2019年6月23日 (日) 09:30



    (出典 reso-note.com)


    顔と甲子園のスター度はかなり高い!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/06/29(土) 06:43:12.84

     日本ハムのドラフト1位ルーキー・吉田輝星(18)がプロ初先発し、5回を投げて初勝利を果たした。

     吉田は、とかく“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹(31)と比較される。

     ともに夏の甲子園を沸かせた投手で、斎藤は歴代1位の948球を投げ、吉田はそれに次ぐ881球を投げた。斎藤はハンカチで汗を拭う姿が、吉田は“侍ポーズ”が人気を博した。

     2010年ドラフト1位で日本ハムに入団した斎藤の背番号はエースナンバーの“18”だった。現在は“1”に変更され、吉田が“18”を背負っている。

     自らを“持ってる”と評した斎藤と同様、吉田もビッグマウスで知られ、たとえば新人歓迎式典で目標を問われた際に、新人王などをすっ飛ばし“沢村賞です”と大見得を切った。

    「日本ハムは、スターの育て方が独特なんですよね」

     と、大手紙デスクが語る。

    「2軍から特別扱いし、他球団なら“まだ1軍にほど遠い”という段階でもどんどん1軍に上げるんです」

     斎藤のプロ初登板は1年目の4月17日。吉田と同じく5回を投げて白星デビューを飾っている。

    「大卒の斎藤と違い、高卒の吉田は、さすがに4月デビューとはいきませんでしたが、本来なら2軍で経験すべき“5回完投”“100球”“勝利投手”というステップを踏むことなく、1軍で先発デビューしたわけです」

     しかも、対戦相手は昨季セ・リーグ王者の広島だった。それも、

    「新人をあえて強敵にぶつけるというのが“日ハム流”。成功したら自信がつきますし、失敗しても“仕方ない”となって傷は浅くて済みますから。斎藤のデビュー戦の相手も、前年度日本一のロッテでした」

     2人ともデビューは本拠地の札幌ドーム。客寄せパンダとしての役割も共通していたようである。

    「もっとも、その後の斎藤は鳴かず飛ばずですけど」

     吉田がそこまで似なければいいのだが。

    「週刊新潮」2019年6月27日号 掲載

    6/29(土) 5:56配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190629-00568558-shincho-base

    (出典 www.dailyshincho.com)


    【【二人が似ないか心配..】吉田輝星と斎藤祐樹 育て方がほぼ類似!?】の続きを読む


    日本ハム吉川光夫56、宇佐見真吾30 背番号発表 - 日刊スポーツ
    日本ハムは28日、巨人からトレードで移籍した2選手の背番号を発表した。3年ぶりの復帰となる吉川光夫投手(31)は「56」、宇佐見真吾捕手(26)は「30」に決…
    (出典:日刊スポーツ)


    2018年12月19日閲覧。  ^ 巨人吉川が二軍落ち、先発登板のチャンスを生かせず…17日のプロ野球公示livedoorNEWS.2017年4月17日 ^ 巨人吉川光、セ今季初の危険球退場…「抜けてしまった」SANSPO.COM.2017年5月25日 ^ 巨人吉川光6回0封で移籍後初勝利「遅くなって…」日刊スポーツ
    27キロバイト (3,477 語) - 2019年6月29日 (土) 07:40



    (出典 iwiz-spo.c.yimg.jp)


    相変わらず吉川呼び!

    1 風吹けば名無し :2019/06/29(土) 14:26:36.35

    指揮官は巨人に移籍した後も特別な思いを持って見守っていた。
    「僕が監督になった時、吉川が頑張ってくれて優勝させてもらった。何がなんでもいい野球人生を歩ませるんだっていうのはこっちの覚悟としてはチームを離れてもあった。
    吉川に関しては意外と厳しく『お帰りなさいとかはないからな。本当に覚悟して勝負しなさい』ということを伝えたつもり」と厳しい言葉で激励した。


    【【離れていた分..】栗山監督 吉川光夫にいい野球人生を歩ませたい!】の続きを読む


    日ハム中田が独白 30歳の決意、肉体と私生活の変化…「1年でも長くとか考えていない」 | Full-count - Full-Count
    日本ハムの中田翔内野手は今季にかける思いを打ち明けた。今年4月22日に30歳の誕生日を迎え、私生活や肉体の変化を告白。昨オフに3年契約を結んだばかりだが、 ...
    (出典:Full-Count)


    中田 (なかた しょう、1989年4月22日 - )は、広島県広島市中区出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。 広島市立竹屋小学校3年から広島鯉城リトルで捕手として野球を始める。6年時に投手に転向。広島鯉城シニア時代は連盟記録となる通算51本塁打。広島市立
    65キロバイト (8,292 語) - 2019年6月15日 (土) 08:52



    (出典 cyclestyle.net)


    缶ビール飲んでる余裕はアリ..

    1 風吹けば名無し :2019/06/28(金) 12:36:55.51

    日ハム中田が独白 30歳の決意、肉体と私生活の変化…「1年でも長くとか考えていない」

    「疲れが抜けなくなってきた。(体の変化は)30歳になって特に感じる。毎日必死だよ」
     私生活に変化が表れている。以前は「気分転換になる。オレがおると若い子も気を遣う」と遠征中は外食が中心だった。それが今では休養を最優先。


    【【えっ引退..】中田翔 引退する気満々..】の続きを読む

    このページのトップヘ