ズバステーション★日本ハム球団専

このブログは北海道日本ハムファイターズ球団の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 斎藤祐樹


    斎藤 佑樹(さいとう ゆうき、1988年6月6日 - )は、群馬県太田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズに所属。 群馬県太田市出身。漫画『MAJOR』を愛読し、太田市立生品小学校在籍中は地元学童野球チーム「生品チャンピオンズ」に一年時から在籍し主将を務める。太田市立
    60キロバイト (8,765 語) - 2019年11月22日 (金) 10:41



    (出典 baseballchanneljp.akamaized.net)


    大学時代は数字持ってたのに..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/22(金) 14:46:50.51

    有名人がファンから求められるサイン。
    人気商売のプロ野球選手も年間に何枚も求められる。
    応じ方も人それぞれ。無言でペンを走らせる選手もいれば、笑顔でコミュニケーションを取りながら応じる選手もいる。
    日本ハムの斎藤佑樹投手(31)は後者。常にファンに対する感謝の思いを抱えているからだ。

     06年夏の甲子園で早実のエースとして田中(現ヤンキース)を擁する駒大苫小牧との引き分け再試合を制して全国制覇。
    「ハンカチ王子」としてブレークした。
    早大を経て10年ドラフト1位で入団。
    プロでも注目を集めたが、右肩や肘の故障もあり、9年間の通算成績は15勝26敗、防御率4・34。
    今季も2年連続未勝利に終わり、節目の10年目となる来季に向け、無休でトレーニングを続けている。

    不本意な結果が続き、ここ数年はオフのトレーニングでも試行錯誤を続ける日々。
    眠れない夜も多いが、心掛けていることがある。
    それは自主トレなどでファンと接する場に出る際は「笑顔を絶やさない」こと。
    「ここまで野球をやらせてもらっているのは応援してくれるファンの方々のおかげ。
    だから、どれだけ悩んでいてもつまらなそうな顔は見せないと決めてます」と語る。
    一時は一日に数百枚も届いていたファンレターの数も現在は月に数枚に減ったが「どれだけ(ファンレターから)勇気をいただいているか分からない」と感謝する。

     この日は札幌市内の室内練習場で自主トレを実施。
    入念にネットスローも行い「(体)全体を使いながら投げることを意識するためです」と汗をぬぐった。
    練習後は寒風が吹く中で待っていたファンにサイン。
    短パン姿で震えながらも感謝の思いをペンに込めていた。

    11/22(金) 11:48配信https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00000121-spnannex-base


    (出典 i.imgur.com)


    【【朗報】斎藤佑樹 笑顔でサインの理由..】の続きを読む


    斎藤 佑樹(さいとう ゆうき、1988年6月6日 - )は、群馬県太田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズに所属。 群馬県太田市出身。漫画『MAJOR』を愛読し、太田市立生品小学校在籍中は地元学童野球チーム「生品チャンピオンズ」に一年時から在籍し主将を務める。太田市立
    60キロバイト (8,765 語) - 2019年11月9日 (土) 01:25



    (出典 number.ismcdn.jp)


    斎藤の9年マー君の1年..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/18(月) 09:41:15.01

     “ハンカチ王子”こと斎藤佑樹は、今オフも「戦力外」を回避した。

    2018年、19年シーズンと2年連続で未勝利に終わり、戦力外や現役引退、他球団移籍、はたまたタレント転身など、シーズン後半から関係者の間では、さまざまな憶測が乱れ飛んだ。
    しかし、大方の予想を覆して、日本ハムに残留することになった。

    「ファンの間では『日本ハムの斎藤君は最後だ』という噂がもっぱらだった。夏場過ぎからサインをもらうファンが増えたけど、斎藤君もそれに丁寧に接していました。
    誰もが、今季で日本ハムを去ると覚悟をしていたのですが……。
    残留には少し驚きました」(日本ハム二軍の本拠地、鎌ヶ谷に通うファン)

    確かに「ハンカチ王子、戦力外」を示唆する報道は流れていた。
    さらに「他球団へのトレード、最悪は引退して、球団が何らかのポストを準備するのではないか」という見方も出ていた。

    日本ハム担当記者が解説する。

    「斎藤の日本ハム残留は既定路線でした。それは荒木大輔二軍監督の存在が大きいですね。
    早稲田実業の後輩にあたる斎藤をなんとか一本立ちさせよう、と必死に指導していました。斎藤もまた、荒木監督に全幅の信頼を置いています」

    荒木監督が“後見人”の役割を果たして、復活を手助けする――。
    ここ数年、最も重要だったプロジェクトが来季も継続されることになる。
    さらに、今季最下位だった責任をとって球団側に辞意を伝えていた栗山英樹監督が続投することも少なからず影響しているという。
    さらに、前出の担当記者は「成績が出ないとはいえ、『ハンカチ王子ブランド』はバカにできない」と指摘したうえで、こう続ける。

    「延長15回引き分け再試合を戦い抜き、夏の甲子園で優勝、ライバル・田中将大との死闘……。
    斎藤は、日本人が好きな漫画のようなストーリーを持っています。

    誰もが顔と名前を知っているし、いまだにスポンサー関連などからは引っ張りだこ。チームの関係者から頼まれるサインの数も、他の選手に比べて多いですね」

    斎藤は、これまで女性芸能人との交際をはじめ、出版社「ベースボール・マガジン社」の社長によるポルシェやマンションなどの無償提供が報じられるなど、これまでグラウンド外の話題も少なくない。
    プロは「人気商売」であり、注目を浴びるのは決して悪いことではないが、その“商品価値”はいまだに健在ということか。

    来季復活は

    一方、母校・早稲田実業のOBからはこんな期待もあるという。
     
    「早稲田実業が部員の不祥事で、来年のセンバツ出場をかえた秋季大会の出場を辞退したのですが、日本ハムには同校OBも多く、“復活”に向けて責任や役割も大きくなりました。
    荒木監督、斎藤、そして清宮幸太郎が、スクラムを組んで『早実魂ここにあり』を、日本ハムからアピールしたい。
    ソフトバンクの王貞治会長をはじめ、早実OBはNPBにかなりいて、野球界全体のイメージアップのためにも重要なこと。その旗振り役として、ハンカチ王子の復活が期待されています」(前出の担当記者)

    さて、斎藤は、来季復活できるのだろうか。 元横浜監督で、野球解説者・権藤博氏はこう見ている。

    「斎藤の大きな武器はスライダー。この球がズバ抜けていいので、他の球が悪くても打者を抑えることができました。ただし、それもマウンド上での自信があればこそ。
    今の斎藤は自信を失っていて、スライダーが悪くなっている。(先発や中継ぎにこだわらず)様々な状況で投げて抑えることで、自信を取り戻せば、可能性はあります」

    今季の斎藤は一軍どころか、二軍でもわずか18試合の登板で、4勝2敗、防御率3.49とパッとしない。いよいよ節目となるプロ10年目。
    まさに崖っぷち……いやこれが何度目の正念場か。それでも目が離せないのは、やはり、“甲子園のスター”斎藤佑樹だから、だろうか。

    週刊新潮WEB取材班
    2019年11月18日 掲載
    https://news.livedoor.com/article/detail/17395931/


    【【解説】斎藤佑樹 荒木大輔のお陰で残留!】の続きを読む


    斎藤 佑樹(さいとう ゆうき、1988年6月6日 - )は、群馬県太田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズに所属。 群馬県太田市出身。漫画『MAJOR』を愛読し、太田市立生品小学校在籍中は地元学童野球チーム「生品チャンピオンズ」に一年時から在籍し主将を務める。太田市立
    59キロバイト (8,760 語) - 2019年11月2日 (土) 08:18



    (出典 www.tv-tokyo.co.jp)


    10年目の若手!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/07(木) 20:05:41.55

    キャッチボールをする日本ハム斎藤(撮影・山崎純一)
    甲子園を沸かせたスーパースターが、高校野球の球数制限導入を歓迎した。
    日本ハム斎藤佑樹投手(31)が7日、高校野球の球数制限について語った。

    来年春のセンバツから1人の投手の投球数を1週間で500球以内とされる。
    千葉・鎌ケ谷での自主練習後、報道陣から飛び出した質問に一瞬考える表情を見せたが、すぐに「時代とともに変わっていくべきことは変わっていかないといけないと思いますし、
    とてもいい流れにはなってきているんじゃないかなと思う」と、思いの丈を打ち明けた。

    06年夏の甲子園、決勝で早実のエースとして、駒大苫小牧の田中(現ヤンキース)と投げ合った。
    全7試合をほぼ1人、史上最多となる948球を投じた。昨夏には吉田輝が881球を投げて話題となった。
    これまで何度も議論されてきたテーマだが、今月末に開かれる高野連理事会での正式決定を前に「高野連の方が判断したのだったらそれがすべてだと思う。
    ルールさえ決まってしまえば、あとはそれに対して準備することはできると思うので」と率直な思いを口にした。

    この日はランニング、キャッチボールに汗を流した。週2回程度ブルペンで投球練習を行うなど、プロ10年目を迎える来季へ向け準備を進める。
    時代は平成から令和へと変わり「いろんな方の知恵を絞って、野球界を盛り上げていくというのは大事だと思う」。
    野球界の新時代を一緒になって盛り上げていく。【山崎純一】

    ○…日本ハムのドラフト1位JFE西日本・河野竜生投手(21)が、佑ちゃんからの視線にメロメロになった。
    新人3選手とともに千葉・鎌ケ谷の2軍施設を見学。
    合宿所前に到着すると斎藤が囲み取材中で、トレードマークの大きな目を輝かせながら「こんにちは」とあいさつを交わした。
    見学後には「テレビで観るくらいしかなかったので」と初対面を喜んだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-11070709-nksports-base
    11/7(木) 19:18配信


    【【時代と共に..】斎藤佑樹 球数制限を歓迎!】の続きを読む


    斎藤 佑樹(さいとう ゆうき、1988年6月6日 - )は、群馬県太田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズに所属。 群馬県太田市出身。漫画『MAJOR』を愛読し、太田市立生品小学校在籍中は地元学童野球チーム「生品チャンピオンズ」に一年時から在籍し主将を務める。太田市立
    59キロバイト (8,754 語) - 2019年10月19日 (土) 00:39



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    契約内容どうなっとる!?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/28(月) 17:53:59.89

    来季から日本ハムの一軍投手コーチに就任する武田勝氏(41)に、大きな期待がかけられている。その期待とは、斎藤佑樹投手(31)の復活だ。あまり知られてはいないが実は両者は親交が深い。

     日本ハムでは斎藤が入団した2011年から、武田氏が引退する16年まで6年間、同僚として過ごした。
    斎藤は「プロ1年目からとてもお世話になった方。球宴に出させてもらった時には、右も左も分からない中、面倒を見てくれたのは勝さんです。
    よく相談にも乗っていただいていました」と、武田氏への感謝の思いを口にしている。

     今季は二軍施設のある鎌ケ谷で行われた石川ミリオンスターズとの交流戦で、同チームの監督を務めていた武田氏と再会。
    当時二軍調整中だった斎藤は、練習後に武田氏と笑顔で握手を交わすと、約15分もの間、ポール間を2人で談笑しながらウオーキングを行った。
    2人の関係を知るファンの間からは「勝さんがチームに戻ってくれば一番いいのにね」との声も出ており、かねて期待されていた人選が今回実現した格好だ。

     来季で節目のプロ10年目を迎えることもあり、昨今は入団当初からの気心の知れた選手・関係者らが数多くグラウンドを去っていく中での武田氏の現場復帰。腹を割って話せる相手が増えたことが、活躍への一助になるか。

    10/28(月) 16:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00000031-tospoweb-base



    (出典 i.imgur.com)


    【【朗報】斎藤佑樹 復活を助ける味方とは??】の続きを読む


    斎藤 佑樹(さいとう ゆうき、1988年6月6日 - )は、群馬県太田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズに所属。 群馬県太田市出身。漫画『MAJOR』を愛読し、太田市立生品小学校在籍中は地元学童野球チーム「生品チャンピオンズ」に一年時から在籍し主将を務める。太田市立
    59キロバイト (8,754 語) - 2019年10月19日 (土) 00:39



    (出典 www.nikkansports.com)


    いい歳した大人が漫画という時点でダメ..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/22(火) 16:25:00.41

    今年のドラフト最注目選手と言えば、4球団が1位指名で競合した佐々木朗希(岩手・大船渡)だろう。
    10年ほど前、同じく4球団が競合し話題となった投手がいる。
    今年で31歳になった、日本ハムの斎藤佑樹だ。
    2年連続未勝利で、もがき続けるハンカチ王子。なんとかキッカケを掴もうと、読みこんでいる書物があるという――。

    「斎藤には集客力があるので、球団は勝てなくても大目に見てきました。
    しかし来季プロ10年目を迎え、さすがにファンの視線も冷たくなってきた。
    しかも日ハムは今季5位に沈み、大幅な刷新が求められています。
    来季投手コーチに就任予定の武田勝氏は、厳しい指導で有名です。
    今までのように、斎藤を特別扱いしないでしょう。
    ドラフトでも、河野竜生(JFE西日本)や立野和明(東海理化)などの即戦力投手を獲得しました。
    よほど危機感をもって臨まないと、斎藤の居場所はない。
    結果を出せなければ、戦力外通告を受ける可能性が高いでしょう」(スポーツ紙記者)

    斎藤に危機感がないワケではない。今年8月に本人をインタビューした際には、厳しい表情でこう語っていた。

    「もちろん『何とかしなければ』という思いは強いですよ。いろいろと試しています。
    シーズン前には、『大リーグボール養成ギ*』を米国から取り寄せフォームを修正。
    グラブも西武の多和田(真三郎)投手のモデルに変え、より腕をスムーズに振れるようにしているんです」

    だが今季も11試合の登板にとどまり、0勝2敗、防御率4.71。結果を残したとは、とても言えない状況だ。
    なんとかキッカケを掴もうと、斎藤が時間を見つけて通っているのが書店だという。前出のインタビューでも、次のように話している。

    「書店に行って『面白そうだな』と思った本を、いろいろと購入しています。
    野球に直接関係ない本でも、勉強になる部分が多々ありますからね」

    最近、斎藤が熟読している1冊のマンガがある。中国の古典だ。

    「『まんがで身につく孫子の兵法』です。日常生活で起こりうるアクシデントをテーマに、どう対処すべきか美女のイラストでわかりやすく解説しています。
    とくに斎藤が気に入っているのが、〈彼を知り己を知れば百戦殆うからず〉という言葉。本人も、こう話しています。
    『ボクは特別速い球やキレのある速球を持っているワケではないので、(打順)2巡目からは通用しない。
    相手と自分のことを考えると、短いイニングに活路を見出すべきなんです。孫子の兵法に気づかされました』と」(前出・記者)

    斎藤は、学生時代の輝きを取り戻せるのだろうか。ダイエー、ソフトバンクで、エースとして活躍した斉藤和己氏の評価は手厳しい。

    「プロで結果を出すには、他の選手が持っていない強力な武器が必要です。それが160kmのストレートなのか制球力なのか、人によって違います。
    武器は、自分自身で見つけなければならない。斎藤投手は自分の武器は何かを考え、その能力を磨くことが大切です。それができなければ、生き残るのは難しいでしょう」

    いくたの先人が戦いの*ルとして頼った中国の古典を精読し、斎藤が己の武器はなんなのか見定めようとしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191022-00000005-friday-base
    10/22(火) 10:01配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    http://npb.jp/bis/players/01905133.html
    成績


    【【解説】斎藤佑樹 中国の古典に夢中!】の続きを読む

    このページのトップヘ