ズバステーション★日本ハム球団専

当サイトは日本ハムファイターズ球団に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: 万波中正


    COM(2011年11月10日付記事) ^ 栗山ハム新監督“三原イズム”で勝つ! - デイリースポーツonline(2011年11月10日付記事) ^ 中日スポーツ:ハム激震 吉井投手コーチも退団 栗山監督との確執が原因 2012年11月5日 ^ 栗山英樹監督契約延長のお知らせ北海道日本ハムファイターズ公式サイト
    48キロバイト (6,294 語) - 2020年2月15日 (土) 14:11



    (出典 resize.blogsys.jp)


    厳しいね..

    1 風吹けば名無し :2020/02/23(日) 20:55:10.68

    栗山監督「振り返りたくない」2連敗&万波4三振
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202002230000771_m.html


    【【ブチギレ!】栗山監督 万波中生に当たりまくる!】の続きを読む


    万波 中正(まんなみ ちゅうせい、2000年4月7日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属する東京都練馬区出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。 練馬区立開進第二小学校の2年時に、投手としてブルーフェニックスで野球を始めた。 練馬区立開進第二中学校への進学後は、陸上競技部と東練馬シニアに所
    13キロバイト (1,569 語) - 2019年10月9日 (水) 09:37



    (出典 nantokanaru114.com)


    頑張ってほしい一人!

    1 風吹けば名無し :2020/02/10(月) 16:43:24

    期待の若武者が大ハッスルした。日本ハム万波中正外野手(19)が9日、今季初の対外試合となる阪神との練習試合(宜野座)に8番中堅で出場し、2安打3打点と暴れた。
    5回無死一、二塁の第2打席に中前へ先制適時打、続く6回には左中間を破る2点適時二塁打を放った。1軍生き残りへ、大きなアピールとなった。

    試合後栗山監督は「当たったね。気持ちいいね。当たらないからって、当てにいくのはダメだろ。(2三振に)当たらないんだけど、もっと振れるくらいの覚悟を感じた」と評し、
    小笠原ヘッド兼打撃コーチも「しっかりと彼らがハッスルすると活気づくんじゃないかな」と、さらなる活躍を期待した。
    万波は「毎日背水の陣ではないですけど、そういう気持ちで結果を出していきたい」。開幕1軍を勝ち取るべく、バットでアピールを続ける。
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202002090001063_m.html?mode=all


    【【朗報】万波中正 ハッスルアピールで一軍生き残りへ!】の続きを読む


    万波 中正(まんなみ ちゅうせい、2000年4月7日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属する東京都練馬区出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。 練馬区立開進第二小学校の2年時に、投手としてブルーフェニックスで野球を始めた。 練馬区立開進第二中学校への進学後は、陸上競技部と東練馬シニアに所
    13キロバイト (1,569 語) - 2019年10月9日 (水) 09:37



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    アピールしないと..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/24(金) 08:17:19

    2月1日の春季キャンプ開始に向け、各球団による一軍・二軍の振り分けが発表されている。

    この振り分けは必ずしも開幕一軍と同じわけではない。人数はもちろんだが、調整を任された主力やベテランは二軍スタートということも頻繁にあるからだ。今年でいうと巨人ではS班が設けられており坂本 勇人、丸 佳浩、炭谷 銀仁朗、亀井善行の4人は二軍スタートとなる。

    一方でレギュラーはもちろん、一軍を保証されているわけではない選手たちにとってキャンプでの一軍入りはアピール機会だ。彼らはキャンプでアピールをし、オープン戦への出場機会を得ることが大事であり、さらにそこで結果を出すことで初めて開幕一軍切符を手にできるのである。

    そんななか、日本ハムの高卒2年目・万波 中正が一軍キャンプスタートを勝ち取った。ルーキーイヤーだった昨シーズンは一軍で2試合に出場したものの無安打。結果を残すことができなかっただけに、まずは開幕一軍が大目標となる。そのための第一段階をクリアしたわけだ。

    日本ハムの外野陣は激戦区となる。西川 遥輝、大田 泰示といった主力組。王柏融に近藤 健介、さらには松本 剛や谷口 雄也、そして清宮 幸太郎も左翼を守ることがある。レギュラー奪取は決して簡単ではないだろう。

    しかし、その顔ぶれを見てもわかる通り、右で長打を期待できる存在は大田しかいない。その大田も万波とは10歳もの年の差がある。他の選手にはない長打力を売りとすれば、次世代の右の外野手として一軍入りも見えてくる。また、チームで見ても中田 翔に次ぐ右の大砲はおらず、次世代の主砲候補としてはうってつけだ。

    一般的に見ると、高卒2年目の大砲候補という存在は、二軍で実戦を積む段階だろう。だが、昨シーズン高卒2年目の村上 宗隆(ヤクルト)が開幕スタメンから全143試合に出場し、36本塁打を放つブレイクを見せた。チームメートの清宮も一軍で7本塁打を放っている。こういったことから見ても、万波が一軍で活躍することは不可能、とは言い切れないだろう。

    とはいえ、今は一軍メンバーに選ばれただけ。2月1日から始まる春季キャンプでアピールし、オープン戦で結果を残すことに期待したい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00010002-hbnippon-base
    1/24(金) 8:00配信


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.nikkansports.com)


    【【解説】万波中正 開幕一軍のチャンス!】の続きを読む


    万波 中正(まんなみ ちゅうせい、2000年4月7日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属する東京都練馬区出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。 練馬区立開進第二小学校の2年時に、投手としてブルーフェニックスで野球を始めた。 練馬区立開進第二中学校への進学後は、陸上競技部と東練馬シニアに所
    13キロバイト (1,569 語) - 2019年10月9日 (水) 09:37



    (出典 cdn.hb-nippon.com)


    当たればでかいけど..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/02(土) 07:37:09

    日本ハムの沖縄・国頭での秋季キャンプを視察中のレンジャーズのマイナーリーグディレクターのポール・クルーガー氏(34)が万波を絶賛した。

    身長1メートル90、体重90キロで身体能力にも優れた19歳の大砲候補について「一番最初に目に留まった。有望な選手」と評価。
    新任の小笠原ヘッド兼打撃コーチの熱血指導で急成長を遂げており
    「何年かいい結果を残せば(獲得を)考えることになるかも」と将来的にメジャーも注目する打者となる可能性も示した。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/02/kiji/20191101s00001173459000c.html
    2019年11月2日 05:30


    (出典 www.sponichi.co.jp)

    https://cdn.findfriends.jp/img.sp.baseball/show_img.php

    http://npb.jp/bis/players/11815138.html
    成績


    【【朗報】万波中正 レンジャーズが絶賛!】の続きを読む


    北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにっぽんハムファイターズ、英語: Hokkaido Nippon-Ham Fighters)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。 北海道をフランチャイズとし、本拠地は札幌ドームとしている。旭川スタルヒン球場や、函館オーシャンスタジアム
    249キロバイト (37,722 語) - 2019年9月24日 (火) 08:01



    (出典 www.nikkansports.com)


    2軍の帝王になりそう!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/29(日) 21:15:12.68

    大器の片りんを見せたルーキーイヤーだった。日本ハム万波中正外野手が、2軍楽天戦に「8番左翼」でフル出場。
    3打席連続三振でシーズンを終えたが、今季は2軍でチームトップの14本塁打をマークした。
    「数字的にも、自分が思い描いていたものとは“良い意味で”全然違う結果だった。
    思ったより打撃がよくなったのかな」と、手応えを口にした。

    2軍戦は90試合に出場し、打率2割3分8厘ながら、持ち味の長打力を見せつけた。
    8月14日のロッテ戦では1軍初昇格初先発。2試合の出場で4打席に立って無安打だったが「時期尚早だったのかなというか、波もありますし、安打が出なかったのは当然かなと。
    でもいい経験をさせてもらったとは思うので、来シーズンにつなげていきたい」と悲観はしていない。

    5位に終わった今季のチームの低迷の要因のひとつは、リーグ最少93本塁打に終わった長打力。万波の成長は、そのまま戦力の増強につながる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-09291144-nksports-base
    9/29(日) 21:00配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 portal.st-img.jp)


    【【朗報】万波中正 2軍でチームトップの14本塁打!】の続きを読む

    このページのトップヘ